2017年09月28日

CDT Day45


2015.5.30
歩行時間:8:45〜10:30

 
テントの中が明るくなる頃からまた左足がズキズキし始め、サウス・フォークの町までたった数マイルが遠い。ゆっくり歩いて着いたのは、大きな川が流れていて短い距離にスーパ兼アウトドアショップ兼ホームセンターと酒屋とアウトドアガイド会社とモーテル数件しかない小さな町。ガイドブックにある一番安いモーテルは潰れていたので二番目に安いところにチェックイン。いつもの事ながら、早くチェックインできると同じ一泊分の料金でも得した気分になった嬉しい。シャワーを浴びてすぐにGoogleで「足、親指、痛」で検索したら上位に痛風が出てきた。心当たりのある食生活…。マジか!もう、一生大好きなビールが飲めないのか…。マジかー。(※後に別の怪我名が判明)信じがたい検索結果が出てしまい落ち込んでいると、Facebookのハイカーのグループページに、雪でこのまま北上すべきか悩んでいる数人が車でカナダ国境まで行ってしまおうと考えているという投稿があった。希望があればこのサウス・フォークを通過するからその時に載せてくれるという。魅力的なオファーだ。本来はゴールだったカナダ国境を新たなスタート地点として南下して、雪が解けた頃のコロラドをコールにするか。どうする?雪を避けるためのCreedeルートの地図を買ってチェックしてみたが、どうやっても標高3000mは避けて通れない。少し後ろを歩いているはずの、スノーシューやスキーを使って歩いているグループが道を作ってくれるのを待つか?次の町までは舗装路を歩けば1日半で着くけれど、キャンプ場がないから金銭的に長期滞在は難しい。この町にはいくつかオートキャンプ場があるから、そこでテントを張らせてもらえば金銭的にも助かる。でも、この町は寂れていて時間をつぶせそうな場所がないのが問題か。
  • 20170928212948114.jpg
【関連する記事】
posted by MIJ at 21:30| Comment(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする