2017年01月29日

CDT Day43

2015.5.28
歩行時間:9:00-19:00

全く夕食を食べたいと思えないくらい疲れた…。先行するハイカーがFacebookに投稿していた情報で唯一雪が残ると書いてあったエルドウッド・パス。近づくにつれて道に雪が増えてきたけど、たいした事ないなと思っていたところにガツっと増えて腿まで埋まった。おまけに一時は雪が降ってきて、それが真横に殴りつけるような強風まで。踏み出す毎に緩んだ雪に足が埋まって露出している部分がヒリヒリするのでレインパンツを履いた。足跡はスノーシュー1人と靴が2人。GPSと粗い縮尺の地図と足跡を頼りに、3pmから6:30pmまでずっと雪の中でもがいていた。気温が上がって雪が緩む午後ではなく、まだ雪が固い朝のうちに歩いていたらこんなに苦しむことはなかったかもしれない。せっかく新しく買った厚手の靴下は履き替えるタイミングを逃してしまい、ずっと濡れたままだった足は寝袋の中に入ってしばらく経った今でもジンジンしている。高かったけど分厚いスリーピング・パッドを買ったのは正解だった。地面からの冷気が伝わってこないので背中が冷えない。
  • 20170129161503446.jpg
  • 20170129161509259.jpg
  • 20170129161516885.jpg
  • 20170129161521407.jpg
  • 20170129161534554.jpg
  • 20170129161544788.jpg
  • 20170129161549298.jpg
  • 20170129161556790.jpg
  • 20170129161605479.jpg
  • 20170129161613092.jpg
posted by MIJ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDT Day42

2015.5.27
歩行時間:11:15〜18:00

7am過ぎにモーテルの向かいにあるスーパーに朝食を買おうと部屋のドアを開けると、アンディーやバードドッグ達のグループが出発するところだった。今日は日中、にわか雨や雷が鳴っていたけれど大丈夫だっただろうか?そんな自分は、開店直後のスーパーでコロラド州の道路マップを買って今後必要になりそうなページだけを破って、CDTの公式ルートは諦めて、雪が残る標高の高いルートを避けながら北上できるルートを車用の地図を見ながら歩くことにした。とりあえず峠まで戻る為にヒッチハイクを始めると、これまたすぐに拾ってもらえた。老犬とお婆ちゃんが座る後部座席をつめてもらいホーサという山間の集落まで30分。そこからFR250という分水嶺の東側を通るダートロードを歩き始めた。道路に川が並走していて、夏の間は釣りやハンティングを楽しむ人が集まるエリアだった。そんな人たちの別荘地の入口に管理事務所があり、売店もあったので甘くて冷たい物の誘惑に負けて入ってしまった。チョコレートクッキーで挟まれたバニラアイスを食べながら管理人のおばさんと雑談。釣りのシーズンはすでに始まっていて一日券は$9、シーズン券は$50と教えてもらった。歩いている途中に見た看板には16インチ以下の魚を釣り上げた場合はリリースしなければいけないと書いてあった。1インチは約2.5cmだから、16x2.5=40cm。日本なら巨大魚だぞ。結局、雪の気配はしないまま歩き続けて今夜は公営のキャンプ場でテントを張った。(無人だけど料金をポストに入れるシステム)やっぱり、ピクニックテーブル最高!地面で料理しなくてもいい、広いテーブルに荷物を広げられるし、狭いテントの中で日記を書かなくてもいい。キャンプサイトにピクニックテーブルがあるだけでテンションが上がる。もし将来、狭小賃貸アパートから脱出できたら絶対に庭にピクニックテーブルを置いて、毎日BBQとかすることを心に決めた。
  • 20170129010829160.jpg
  • 20170129010839710.jpg
  • 20170129010851284.jpg
  • 20170129010901717.jpg
  • 20170129010908463.jpg
  • 20170129010928080.jpg
  • 20170129010936854.jpg
posted by MIJ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする