2009年10月05日

Trail Angel

第一回目の回想記は感謝の意味も込めてTrail Angelについてです。


7月25日の中継日記にもチョロっと書きましたが
歩いている途中、何度もAngel達に支えられました。


Trail Angelとは、ハイカーに素敵な事をしてくれる人達の事を言います。
例えば↓の袋を持ったおばさん。



10年くらい前のスルーハイカーだそうですが
焼きたてベーグルとオレンジジュースを持って山に登り
腹を空かせたハイカー達にふるまってくれました。

この週は毎日のように雨が降っていたので
ベーグルを食べながら向こう数日の天気予報を聞いたら
「次の5日間は晴れよ!」なんて言うもんだから、周りのハイカー達と狂喜乱舞したのに
次の日は一日中雨!

ベーグルおばさん…、天気予報はずれたよ…。



また違う日には、
こんな看板に釣られてトレイルをそれて歩いて行くと




トレイル脇の自宅でハイカー達にアイスをくれる
アイスクリームおじさんがいました。





また違う日には、
↓のグレートスモーキーマウンテン国立公園を縦走していたおじさんに街まで乗せてもらい、
更に自分では高くて買えないフリーズドライのキャンプ・フードを沢山もらいました。



ちなみにこのフリーズドライおじさん、
前日同じシェルターに泊まったんだけど拾い集めた枝が雨で湿って火が点かないもんだから
シェルターの柱やベンチをナイフで削って燃やしてたのは内緒の話です。




この旅で出会った全部のAngel達を紹介したいのは山々ですが
そういうわけにもいかないので
最後にもう一人だけAngelを紹介したいと思います。

遠く、オーストラリアから2回も救援物資を送ってくれたアフロヘアの元同僚です。




色々リクエストを聞いてもらい
アメリカの田舎では手に入りにくいアジアの味をたくさん送ってくれました。




歩いている時は自分一人だけで歩いているような気になっていましたが
こうして今振り返ってみると3500kmもの距離を歩ききれたのは
沢山のエンジェルやアフロに支えられていたおかげです。

この場を借りて、THANKS FOR EVERYTHING !
posted by MIJ at 05:54| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]