2011年05月14日

Julian, CA より

IMG00030.jpgIMG00035.jpgIMG00037.jpg
バスのスケジュールをしっかり把握していなかったためスタートが2日遅れてしまいまして...
歩き始めて今日で5日目です。

食料補給のためにジュリアンという小さな町までヒッチハイクで下りてきました。この町のホテルは高いのでこれからトレイルに戻ります。

トレイル自体は大した坂もなく比較的順調に進んでいますが、やはり水に苦労しています。
昨日はガイドブックにネズミの死骸が浮いているという貯水槽の水も飲みました。今日もこれから7リットル背負ってひと山越えます。
サボテンやアロエが当たり前に生えていて、うっかりしていると脛に刺さりそうになります。気温はそれほど高くないはずですが、日中は少ない日陰を探して休憩していますが、ジリジリと焼かれています。
そのせいか食欲があまりなく、町のレストランでも残してしまいました。

では、また。
posted by MIJ at 05:21| Comment(2) | Pacific Crest Trail 中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

Idyllwild, CA より

IMG00050.jpgIMG00055.jpgIMG00061.jpg
アイダルワイルドという町に下りてきました。
本来は2日前に到着予定だったところですが、悪天候に見舞われて40時間テントに閉じ込められてしまいました。

先週は晴天が続きむしろカラカラになりながらのハイクでした。今週は晴れていても風が強くテントポールが折れるんじゃないかという夜が多かったところ、朝から小雨混じりの強風。気温も低いうえよろけてしまうほどの強風に体温が奪われていきます。標高は2000mを越え曇に包まれて視界は30mほどしかなく、夏山装備でこれ以上標高を上げると低体温症の危険があると判断して、昼過ぎには木の陰にテントを張って避難。翌日の天候の回復を待ちましたが、更に風が強くなり近くの木には風に冷やされた雨が樹氷の様に...。持っている服を全部着込んでも結露でビショビショの寝袋が寒かったです。
2回目の朝を迎えるとテントのフライも周りの木にも氷がビッシリ。そのかわり風もやみ青空が広がり最高のハイキング日和。歩き始めると知った顔のハイカーたちが反対方向から来るので、聞いてみるとどうやらサイドトレイルを下ってハイウェイまで下りて町に先回りしたらしい。それで天候が回復したので町の方から歩いてきて、またヒッチハイクで戻ると。今後も判断を間違えると危ない場所がありそうです。

雪が残り木には氷がビッシリのトレイルから砂漠が眼下に広がる南カリフォルニア。WILDです。
posted by MIJ at 03:18| Comment(4) | Pacific Crest Trail 中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

Big Bear City, CA より

IMG00065.jpgIMG00069.jpgIMG00073.jpgIMG00074.jpgIMG00076.jpgIMG00078.jpg
440km地点ということで、もう?やうやく?1/10です。感覚的には2回目のロングトレイルのせいか、あっという間に過ぎてしまった気がします。

トレイルは雪が残る高地から一気に砂漠まで下り、そこから渓谷沿いを登って、また雪がすぐそこに見える所まで登ってきました。ガラガラ蛇にも威嚇されました。なかなかタフなコースです...。
風も強く、キャンプ地を間違えると一晩中暴れるテントと格闘して、テントの中は砂だらけです。

また、これまで通ってきた地域は数年前に大規模な山火事があったらしく黒くなった木が目立ちます。それでもその下にはピンクや黄色や紫の花が咲き、背丈ほどのチクチクした木が渇いた土地に緑を拡げています。またそこにはトカゲやアリやリスやトリが忙しなく姿を見せます。ただただ植物や動物の生命力に感嘆します。

最近は体力的にハイカーの足になってきて、1日25マイル=40キロを目安にして歩いています。ただ、日々変わるトレイルの状況や暑さによっての汗で毎日のように違う場所にマメができます。数えてみたら両足合わせて7こありました。食欲も暑さのせいかあまりなく、夕食をスキップすることも多いです。その代わり町に下りると大量に食べるので、トレイルで5kg痩せて、町で3kg太ってるを繰り返している感じです。

精神的にはキツいときもありますが、Trail
Magicに支えられています。山を下りてきた所には、地元住民がオレンジを置いてくれてあり、砂漠を抜けた所には元PCT
ハイカーが冷えたビールを差し入れてくれたり、山の中腹で水が欲しい所には町のホステルやホテルがソーダや水をクーラーボックスに入れておいてくれています。
ブログへのコメントやメールにはひとつひとつ返信できませんが、お腹がすいて元気が出ない時その一言がエネルギーになります。ありがとうございます。
たくさんの人に支えられて毎日元気にハイキングしています。
posted by MIJ at 13:52| Comment(4) | Pacific Crest Trail 中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする