2015年05月09日

Grants, NM より

ニューメキシコ州グランツまでやってきました。これで600〜700kmくらい歩いた事になります。

実は前回のシルバーシティーを出発したその日の夕方に足をやってしまいまして。痛くてその夜は眠れず、翌日もとても歩ける状態ではなく、食料も充分あることから2・3日その場所で腫れが引くのを待つ事にしました。現場待機1日目、テントでふて寝を決めこんでいると、昼頃に山の中に一人で16年も住んでるおじさん(カトリックの隠者)に発見され歩けるようになるまで三日間お世話になりました。(※この話は濃密過ぎるので後日詳しく書きます)

その後は、壮大に道を間違えたり、深くて美しい渓谷を100kmくらい歩いたり、また壮大に道を間違えたり、雷に怯えたり、ホステルで沢山のハイカーと出会ったり、コヨーテを見たり、なんやかんやで今に至ります。一足目の靴に穴が開いてしまいました。麦藁ぼうしもボロボロです。

続いてはファッションコーナーです。夕立が多く、標高が高いため砂漠でも意外に気温が低いので雨具を着る機会が多いのですが、そんな時のコーディネイトをご紹介します。定番の水色の短パンに合わせるジャケットはビビットなパープル。足元はブルーを基本に、さし色に赤をミックスさせたゲイター。そして今回のポイントは、手袋と靴のアウトソールに黄色を持ってきました。手と足の先に同じ色を持ってくることで、ぐっと引き締まりますね。グレーのバックパックカバーが地味な印象ですが、これ以上カラフルにしてしまうと、きゃりーぴゃみゅぴゃみゅがハイキングしているみたいになってしまうのでNGです。ピーコさんいかがですか?
  • 20150508121247517.jpg
  • 20150508121304339.jpg
  • 20150508121316339.jpg
  • 20150508121329906.jpg
  • 20150508121343912.jpg
  • 20150508121415329.jpg
  • 20150508121438041.jpg
  • 20150508121458270.jpg
  • 20150508121512165.jpg
  • 20150508121530730.jpg

2015年05月15日

Cuba, NM より

更に170km北上してニューメキシコ州キューバに着きました。寒いです。朝起きると水筒の中身がシャーベット状になってたりします。今冬のアメリカはどこも記録的な雪不足だったはずがここにきて雪が降り出し、これから突入するロッキー山脈も今週雪予報です。

ここ数日は「メサ」と呼ばれるテーブル状の台地を登ったり下りたりして、珍しい地形とよく整備されたトレイルを歩いています。2日前は雷雲に追いかけられ雨が降り出す直前にテントを張りました。雹がテントを叩き、雨で浸水し、落雷にチビり、寝袋に潜り込んで中島みゆきを大音量で聴きながら雷が頭上を通過するのをやり過ごしました。そして、ついに熊がでました。カメラを取り出す間もなく森の奥に行ってしまいましたが。赤茶色の今まで見たことのない色の毛をしていました。太ったガラガラ蛇がトレイル上でとぐろを巻いていたので、小石を投げてちょっかいを出しても寒さで動けないのか全く反応なし。
「トレイル三大怖い物」の雷・熊・蛇を経験した貴重な一日でした。
  • 20150514140105510.jpg
  • 20150514140125681.jpg
  • 20150514140139349.jpg
  • 20150514140151166.jpg
  • 20150514140203022.jpg
  • 20150514140220026.jpg
  • 20150514140230719.jpg
  • 20150514140243720.jpg
  • 20150514140256854.jpg
  • 20150514140324669.jpg

2015年05月19日

Ghost Ranch より

ニューメキシコ州アビキューにあるゴーストランチというリゾート施設までやってきました。前回のキューバを出てから標高3000mを越えた辺りで吹雪にあい、天候が回復していくのは分かっていたのですが戻るべきか進むべきか、自問自答を繰り返しながら何とか標高を落としてテントを張りました。

今、北へ向かうハイカーの先頭集団にいますが、季節外れの雪で先の町でも既に通り過ぎた町でもハイカー達が雪とにらめっこしながら留まっているという感じです。次の町にたどり着くまでにまた3000m越えるので周りのハイカーとグループを組もうと話しています。ゴーストランチはリゾート施設ですが、キャンプサイトがあるので安く滞在できます。ここで、一日遅れで歩いている5-6人を待って10人くらいで雪山をやっつけてやろうと思います。といっても、さすがに5月なので降った雪はすぐに溶けてくれるのであまり心配しないでください。
  • 20150518192432905.jpg
  • 20150518192450591.jpg
  • 20150518192459955.jpg
  • 20150518192512821.jpg
  • 20150518192530679.jpg
  • 20150518192546054.jpg
  • 20150518192605094.jpg
  • 20150518192812703.jpg
  • 20150518192823830.jpg
  • 20150518192836138.jpg