2016年01月27日

CDTスタート数日前から

DSC_1292-1.jpg


今後は日記形式でCDTの様子をお伝えします。
では、歩き始める数日前からどうぞ!

2015.4.12
長野県の実家から成田空港へ高速バスと電車で向かうも…。
まずは山手線の支柱が倒れて都営地下鉄新宿線を使って成田空港へ。途中、最後の晩餐に不味いカレーを食べた。成田では懐かしい元同僚達が集まってくれていて、この人たちには何があってもちゃんとお土産を持って帰ろうと誓う。予約していた成田-サンフランシスコ便が遅れているということで振り替えてもらった、成田-デンバー便がさらに遅れて、じゃあ結局元のやつに乗った方が早いじゃんと思ったけど、見送りに来てくれた友人達と思いのほかゆっくり時間を過ごせた。機内の映画はちょうどWildも観れた。両隣の乗客も観てて、「自分、それ歩いたことあるんすよ。ついでに言うと、今からもっとスゲーとこ歩きに行くんすよ。」とは言えなかった。デンバーに到着する一時間くらいから唇に違和感を覚え、アメリカの大地に立つころにはばっちり上唇にヘルペスが出来上がっていた。渡米前に方々でやってもらった送別会の賜物です。コロラド州デンバーからアリゾナ州ツーソンに行く国内便は、乗務員の一人が急病のため、代わりの乗務員が来るまで3時間半かかる。まだ代わりの乗務員が見つからないというアナウンスが流れるたびに「ざけんな!」と叫ぶおじさん達。ツーソン空港には日付が変わる直前に着き、タクシーで予約していたモーテルへ。深夜のガソリンスタンドでビールを買い、一本目飲んで寝ちゃった♪

2015.4.13
路線バスを乗り継いでモールにあるREI(巨大アウトドアショップ)へ。日本で通販しておいたテントと靴の中敷を受け取るだけのつもりが、リップクリーム・洗剤・ハイドレーションパック・電池も購入。日本にはないものが沢山あり物欲をそそられる。モールを少し覗いてみたが特にそそられるものもないのですぐにバスで帰ってきた。バスの乗客はみんな“ユニーク”な雰囲気でREIの買い物袋を持っているとカツアゲされるんじゃないかと怖かった。時差ぼけで2pm〜6pmまで寝てしまったので夜寝れない。

2015.4.14
2amに目が覚めてからは眠れない。天気は昨日も今日も雲ひとつない快晴。カラカラの暑さだが、陽が落ちると上着が必要。昼前にハンバーガーを買いに行っただけであとはモーテルに引き篭もる。というかバスが怖くてあまり出かけたくない。また昼過ぎに眠くなり6pmまで寝てしまったのでその後は朝まで一睡もできず。

2015.4.15
眠れなかったので夜明け前にガソリンスタンドに朝食を買いに行った。8:00のバスでダウンタウンに出て長距離バスのステーションまでまたバス。10:00のバスでニューメキシコ州ローズバーグへ。2pmにモーテルにチェックインできたので、その後すぐに食料の買出しに。当面の食料の他に今後食糧補給が難しそうな2ヵ所分も買い、郵便局から送っておいた。そして、まだ外は明るいのに時差ボケで寝た。
posted by MIJ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

CDT Day1

2015.4.16
行動時間:10:30〜18:45
歩行距離:27km

出発地に近い町、ニューメキシコ州ローズバーグに長距離バスで移動し一泊した。夜、ベッドの上に置いてあった着替え入れの袋からネズミが飛び出してきて可愛い声を出してしまった。食糧をかじられては困るので、ネズミが好きそうなものは冷蔵庫に入れておいた。6:00amに朝食を食べに行くと既に多くの人がいた。見送りの家族やトレイルを管理する団体の人達も混ざり誰がハイカーなのか良く分からなかった。6人と4人に分かれ管理団体のシャトル二台で7:00am頃出発。舗装路が終るとダートロードは雨水が流れた跡が深い溝になり首が飛んでいきそうになるくらい車体が揺れる。歩き始める前に鞭打ちをやってしまうんじゃないか心配で仕方なかった。10:00にアメリカとメキシコの国境に着きみんなで記念撮影タイム。国境は有刺鉄線で仕切られているだけで、所々断線しているので簡単にメキシコに入れる。写真タイムが終ると10人のハイカーがパラパラと歩き始めた。意外とCDTを表す道標が多く、地図やGPSはほとんど使わなかった。まだペースを掴めないので食糧を買いすぎてしまい荷物が重い。食欲があまり無いので減らないし。日焼けでふくらはぎが痛いが砂埃で汚れていて日焼け止めクリームを塗るのを躊躇している間に益々赤くなった。4:00pm頃、ひとつめのウォーターキャッシュ(管理団体が水を用意してくれている場所)に着く。パピー、フロスト、レース、セス&ジェニーとは同じペースで歩いている。そこからパピーとレースは歩きやすいダートロードを進み、自分は本来のトレイルへ別れ山の方へ少し登り返した。しかし、トレイルが無い。道標はあるが人が歩いた形跡が見あたらない。この辺りでテントを張りたかったが石だらけで平らな場所もないので、クロスカントリーをして下のほうに見えるダートロードまで戻った。水も少なく疲れたので、キャンプ地を見つけてすぐに横になり早めに就寝。
  • 20160130231116002.jpg
  • 20160130231121193.jpg
  • 20160130231127040.jpg
  • 20160130231132858.jpg
  • 20160130231142993.jpg
  • 20160130231148066.jpg
  • 20160130231157379.jpg
posted by MIJ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

CDT Day2

2015.4.17
行動時間:7:45〜18:00
歩行距離:35km

 朝はかなり冷えて薄手のフリースを着て、テントを片付けるときには金属製のポールが冷たいので手袋も使った。歩き始めてすぐに肩に食い込むザックが辛い…。トレイルではなくほぼダートロードを進み二つ目のウォーターキャッシュに着く。セス&ジェニーともう一人、一日早くスタートしたハイカーがいた。彼はここでリタイヤするそうだ。泊りでのハイキング自体が初めてで新しいバックパックやブーツを見るとあまり慣れていない様子。ちょうど水の残量をチェックしにきたトレイルの管理団体の車に乗り込み去っていった。車内には昨日一緒にスタートしたうちの一人の姿も見えた。セス&ジェニーも長距離ハイキングは初めてと言っていたが、初めてのロングトレイルにCDTを選ぶ人が意外に多いのに驚いた。午後はとにかく疲れてキャンプ地&水場に着くのにやっと。放牧されている牛の飲料水用にソーラーパワーでタイマーで地下水が汲み上がってパイプから流れ出てきた。地下水のわりにけっこうぬるい。大丈夫か?
  • 20160201234344906.jpg
  • 20160201234354128.jpg
  • 20160201234410296.jpg
  • 20160201234423108.jpg
  • 20160201234430876.jpg
  • 20160201234436142.jpg
  • 20160201234441822.jpg
posted by MIJ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする