2016年02月08日

CDT Day3


2015.4.18
行動時間:8:00〜19:30
歩行距離:38.5km

脚が痛い…。
と、言うか全身が痛い。
右足の小指だけだったマメが左足の小指と土踏まずまで。でも、周りに歩いているみんなもマメだらけなのは同じ。白人は日焼けに苦労して、顔が白くなるくらい日焼け止めを塗っている。歩き始めてからずっとそうだったけれど、風が強い。風速15〜20mは吹いてるだろう。アパラチアン・トレイルとパシフィック・クレスト・トレイルとは違い、ルートがハッキリしていない。それに砂漠なので方向が間違っていなければそれぞれ好き勝手な所を歩くので、自分が1日に何マイル歩いたのかよく分からない。夜、テントの外は星が綺麗なはずなのにテントから出る元気がないほど疲れ果てている。ローズバーグには泊まらないと思っていたが一泊する方向に傾いている。大町市にある俵屋のニンニクたっぷり餃子が食べたい…。フロストとは、ほぼ一日中同じペースで歩いていて今日は一緒にキャンプしている。彼はワシントン州から来ていて、若い頃ハワイで日本食レストランで働いていた。
  • 20160207134523844.jpg
  • 20160207134530151.jpg
  • 20160207134536495.jpg
  • 20160207134543192.jpg
  • 20160207134549237.jpg
  • 20160207134555487.jpg
  • 20160207134559972.jpg
  • 20160207134605149.jpg
  • 20160208214002179.jpg
  • 20160208214021056.jpg
posted by MIJ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDT Day4

2015.4.19
行動時間:7:00〜16:00
歩行距離:35km

まだ太陽が昇る前にフロストがゴソゴソと起きはじめて、グズグズしている自分より15分前に歩き始めていった。歯を磨いている間に3人のハイカーが遠くを通っていったが良く見えなくて誰だか分からなかった。朝方は10℃をきっていただろうか、寒かった。歩き始めて2時間くらいはマメも身体も痛くなく快調だったが、さすがに昼前からは足が痛い。しかし、食糧が減って軽くなったからか肩の痛みはなくなった。常にフロストとセス&ジェニーが見える範囲を歩いていた。ローズバーグの町が見え始めたが、なかなか近づかずレストランのランチ営業に間に合うかソワソワしながら歩くスピードが早くなった。町に入るとモーテルの2階の踊場にパピーが洗濯物を干している姿が見え、目も合ったような気がしたがまずは空腹を満たす為に見えなかった振りをしてレストランへ直行した。食事が出てくる前にコーラを二杯飲み干したせいで、あれだけお腹が空いていたのに思いの外すぐにお腹がいっぱいになった。食べているとパピーと明日スタートする2人のハイカーが来た。さっき目が合ったけど、気まずいので見えてなかった事で話を押し通した。その後、話の流れでパピーと部屋をシェアする事になった。$38÷2、悪くない。
  • 20160208221859461.jpg
  • 20160208221906732.jpg
  • 20160208221911898.jpg
  • 20160208221916327.jpg
  • 20160208221920757.jpg
  • 20160208221925606.jpg
  • 20160208221930363.jpg
  • 20160208221936433.jpg
  • 20160208221941835.jpg
  • 20160208221947945.jpg
posted by MIJ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

CDT Day5

2015.4.20
行動時間:9:00〜19:15
歩行距離:37km

6:00amにモーテルの食堂へ行き、今日出発するハイカー達と顔を会わせる。今日も10人が出発してゆく。オーストラリア人が持参したベジマイトをトーストに付けて食べていた。ベジマイト大好き情報は本当だった。スーパーの開店を待っている時にデトロイトで大学教授をしているというライオンキングと会う。二時間くらい一緒に歩き、彼が早めに休憩したのでそのまま置き去りにした。彼もCDTが初めての長距離トレイルだという。次の町・シルバーシティーは真北なのに、地図のお勧めルートは東へまっすぐ向かうので進んでいる気がしない。足のマメは大小6個に増えたが、歩くのに邪魔になるような痛みでもない。休憩の後、歩き出すときはどうしても痛いけれど。心配していた水場はソーラーパワーで地下水を汲み上げて、蛇口から出ていたので冷たく綺麗だった。一応、浄水はした。その前の水場は汲み上げ式だったが、タンクの周りにものすごい数のハエとハチが飛び回っていて近づけなかったので諦めたけど。ローズバーグから見えていた高い山を越えたら、初めてトレイルらしいトレイルになった。しかも最近整備が入ったばかりか、土がまだ乾いていなかった所もあった。日中は風が無く、陽射しは痛いが、太陽が雲に入れば今日も涼しいくらい。テントも初めて風を気にしなくていい場所に張れた。
  • 20160210114559327.jpg
  • 20160210114612249.jpg
  • 20160210114619602.jpg
  • 20160210114625049.jpg
  • 20160210114632840.jpg
  • 20160210114637228.jpg
  • 20160210114643076.jpg
  • 20160210115115104.jpg
  • 20160210115123716.jpg
  • 20160210115128164.jpg
posted by MIJ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする