2016年04月11日

CDT Day12

2015.4.27
行動時間:9:30〜19:45
歩行距離:9.6km+道間違えて9.6km

ドグが漫画みたいにラジオをぶっ叩いて何とか聞えた天気予報では雨が降るような事を言っていたが、夜は一切降らなかった。日中は曇りで数回パラパラと雹が降った。遠くの方はスポット的に雨がシャワーの様に落ちてきているのが見えた。虹も見た。ドグの所で過ごす三回目の朝。いつもの様にコーヒーを入れてくれ今日は特別だからとクラッカーとピーナッツバターに加えてリッツとクリフバーまで出してくれた。別れが近づいているからだ。朝食の後は、約束していた通りピストルを撃たせてくれた。20発。小さな銃なので耳をふさがなくてもいいくらいの音しかしないが、それでもなかなかの銃声と衝撃が伝わる。銃の話をする時、ドグの目がキラキラして明らかにテンションが上がる。カトリック教の隠者のくせに困ったもんだ。そして出発の時。短い距離、だけど時間をかけてゆっくり一緒に歩いてくれた。やっぱり足が痛くなったら戻って来いと言われたので、短い言葉だけどこの数日間の感謝を伝えてお別れをした。怪我をした左足は歩き始めの一時間は痺れていて不安だったけれど徐々にそれがなくなって普通に歩けた。薄々おかしな方角に進んでいるなと思っていたけど、4pm頃にGPSを確認したら途中の分岐に気づかず違うトレイルを歩いてきてしまった事に気づいた。やっちまった…。間違えた分岐に戻るのに二時間かかった。平らな所は放牧された牛のウンコだらけで、どんどん暗くなるなか谷を下って日没ギリギリで何とかテントを張れる場所を見つけた。
  • 20160411230542931.jpg
  • 20160411230552291.jpg
  • 20160411230559084.jpg
  • 20160411230605179.jpg
  • 20160411230611148.jpg
  • 20160411230616497.jpg
  • 20160411230627588.jpg
  • 20160411230633847.jpg
  • 20160411230639723.jpg
  • 20160411230649522.jpg
posted by MIJ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

CDT Day13

2015.4.28
行動時間:9:15〜19:45
歩行距離:35km

谷にテントを張ったので朝日が入らず寒くて9amに起きた。左足はもう痛くない。ヒーラ・リバーの水量は思ったより多く、今日だけで20回くらい渡渉したが膝から股まで深さがある。靴がずっとびしょ濡れ。川が蛇行していて両岸が高い崖になっているので流れがカーブする度に内側しか歩ける場所がない。だからその都度、川を渡って対岸に行かなければならない。トレイルを探すのが大変で、川を渡りきった所ですぐに見失ってしまう。川沿いに歩いていけばルートから外れることはないけれど、石がごろごろしている川原や藪の中を歩くのは疲れるし時間が掛かる。そうこうしているうちに、トレイルは出来るだけ川から離れた所を通っていることに気がついた。川の近くだと増水する度にトレイルが流されてしまうからだろう。パターンが掴めて渡渉の後トレイルを見つけるのにも次第に慣れてきた。5日ぶりだとうか、久しぶりに他のハイカーに会った。#2というトレイルネームの派手なボードショーツを穿いているおじさんで、川原で休憩している時に抜いていった時に軽く挨拶をしただけ。浄水器の調子が悪くてこの先が不安。この日記を書いていたら、また雨が降ってきた。砂漠地帯のはずなのに。
  • 20160418191502569.jpg
  • 20160418191525124.jpg
  • 20160418191530763.jpg
  • 20160418191537210.jpg
  • 20160418191544460.jpg
  • 20160418191551695.jpg
  • 20160418191557143.jpg
  • 20160418191601295.jpg
  • 20160418191613039.jpg
  • 20160418191629830.jpg
posted by MIJ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

CDT Day14

2015.4.29
行動時間:9:15〜18:30
歩行距離:25km

寒くて寝袋とイチャイチャしていたらまた起きるのが遅くなってしまった。夜は雨の音がパラパラと聞えたが、日中は久しぶりの快晴。でも左足が朝から痛い。歩いているうちに治まってきたけれど。昼前にドク・キャンプベル(ガソリンスタンド兼雑貨店兼お土産店兼食料品店)に着き、ローズバーグから送っていた食料を受け取った。まだあまり食欲がなくまだ充分あるのに追加で大量の食料に困った。8日分は余裕である。少しでも荷物を軽くする為にとにかく食べた。ここで食べなければ次の食糧補給地点のパイ・タウンでまた大量の食料が待っている。浄水器(岩塩を電気分解させて浄水液を作るタイプ)の塩の残量が怪しいので普通の塩だけどないよりマシと買ってみた。浄水できない不安が少し和らいだ。ヒーラ岩窟住居国立史跡のビジターセンターをちょっと覗いた時にオーストラリア人のニックと会った。初めましてっぽく挨拶してしまったけど、ローズバーグのモーテルで会っていた。ベジマイトをトーストに塗って食べていた人だ。4日遅れでスタートしているはずだけど、ドグの所にいる間に追い抜かれていたようだ。ニックは足首をやってしまったようで歩き方がヨチヨチしている。ヒッチハイクで町まで戻って病院に行くか迷いながらも歩き続けてしまっている。ビジターセンターを出て一時間もするとヒーラ・リバーの本流に出た。昨日よりも渓谷が深く景色に圧倒された。その高い岩の上を飛ぶハヤブサ(?)が神秘的だ。川の浅瀬には小さな魚を見つけることが出来た。ヒーラ・トラウトの稚魚か?大きな魚の影は見つけられなかった。渓谷の間に太陽が見え、川原に生える木の葉にその陽が透ける光からパワーを感じた。6:30pm、フロストとハズ・ノー・ホースがテントを張っている所を見つけた。もう30分は進もうかと思っていたけれど、久しぶりに会う二人と一緒にキャンプする事にした。近くにいるとニックが言っていたが、また会えて嬉しい。早めに食事を済ませたフロストがタープの下でウクレレを弾いている。ハワイにいた事のある彼は、現地の日本人に教えてもらったと「いつまでも友達でいよう♪」を口ずさんでくれた。
  • 20160419233722782.jpg
  • 20160419233732426.jpg
  • 20160419233737813.jpg
  • 20160419233747019.jpg
  • 20160419233754372.jpg
  • 20160419233802346.jpg
  • 20160419233813787.jpg
  • 20160419233902488.jpg
  • 20160419233909387.jpg
  • 20160419233914258.jpg
posted by MIJ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Continental Divid Trail 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする