2009年10月09日

ライム病




2009年06月06日2009年07月14日2009年07月18日 の日記で散々騒いだライム病ですが、
僕は感染することなかったけれど
何人かのハイカーが感染したという話は聞きました。

事前の情報では入院が必要と聞いていましたが
みんな意識しているので発見も早く、2週間くらい薬を飲むだけでハイキングにはさほど支障はみたいです。(発見が遅れると入院です。)
ライム病が原因でトレイルを下りたという話も最後まで聞きませんでした。





でも、↑の写真の犬(ペッパー)と奥ににいるハイカー(ライアン)のコンビ、
4ヶ月も歩いて7州目のペンシルベニア州まで来たのに
ペッパーがライム病にかかり、この2日後にトレイルを下りました。

ライアンはペッパーを誰かに預ければ、自分一人だけでも歩き続けられたのに
それはせずに自分も歩くのを止めてしまいました。
2000km近くも一緒に歩いてきたんだから、
その先を一人で歩くのはライアンにとっては意味がないといえば当然かもしれないけど。

来年、きっとライアン&ペッパーはこの続きを歩いてるはずです。


そんなイイ話に水を差すようですが…、
一緒にシェルターに泊まった時はそれどころじゃなかった。
だってペッパーの毛にライム病を保菌してるダニがいて、それが寝袋に飛び移って…なんて考えると。
ペッパー、おじいちゃん犬だから寝袋のそばに座ったまま動かないし。
自分の指先の毛食べて何回もライアンに怒られてるし。
posted by MIJ at 05:51| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

−8.5 miles

アパラチアン・トレイルの南端地点は
ジョージア州にある、アトランタから2時間くらいにある、Amicalola Falls州立公園にある、Springer Mountainです。

4月22日(大安)、
まずはアトランタからはバスに乗り、ゲインズビルという町まで行き
そこから同じバスに乗っていたハイカーとタクシーで乗り合い、Amicalola Falls州立公園まで行きました。
ボッタクられました♪
一緒に乗ったハイカーは食い下がっていましたが、
僕は面倒臭いので泣き寝入りです。ジャパニーズ事勿れ主義、かましてやりました。


そんなこんなで、いよいよこの旅の始まりか!?と思いきや
ATのスタート地点はビジターズセンターから8.5マイル(約14km)登ったSpringer Mountainの山頂です。




しかも、山頂までの14kmの道のりは
希望に満ちたハイカー達の心をポッキリへし折り、
両足のかかとにでっかいマメをこしらえるには充分な距離です… ( ノД`)

ちなみに最近話題の信越トレイル
スタート地点の斑尾山の山頂まで行くゲレンデの急坂はSpringer Mountainなんてもんじゃないですから。

posted by MIJ at 05:51| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

I‐90



幾つかある思い出深い場所の1つに
アメリカを横断している高速道路のインターステイト90号(I‐90)とATが
マサチューセッツ州で交差した時があります。
(「まちゃちゅーちぇっちゅちゅう」、口に出すとこんな感じになりますが…)

アメリカ横断ドライブをしたり何度も車で通った事がある道で
ATが交差している事も知っていたので
地味だけど密かにここを通るのを楽しみにしていました。


その日は雨で、暗い森を歩いていると段々とエンジン音が聞こえ始め
日曜日ということもあり、森が開けた所には沢山のスピードを出した車が目の前を走っていました。





I‐90にはハイカー専用の橋が架かっていて
「Appalachian Trail」という看板まで付いています。

橋の途中で止まって、自分がこの橋の下を車で通った時の事を色々思い出しながら走っている車を見ていたら
車内の人達が手を振ってくれたり、軽くクラクションをならしてくれています。

その人達は僕がATハイカーだと分かった上で応援してくれているだと思うと
嬉しくて嬉しくてその場を離れられず、そのほんの一瞬の出会いに感動しました。


posted by MIJ at 05:50| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする