2009年10月12日

Sunset

5ヶ月のキャンプ生活でも
テントを張るのはだいたい木に囲まれた場所なので
意外に夕日や星空を見た回数は少なかったです。

たぶん夕日を眺めたのなんて6回だけだと思います。
クマちゃんの半分。


5月11日

6月6日

6月14日

7月2日

7月12日

9月14日

クマちゃん
posted by MIJ at 05:49| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

Holding up VERY well !!

Appalachian Trailをスルーハイクしたかった理由の1つに
大学4年の夏、大学のあるメイン州を通るセクションで石階段やウォーターバーを建設するインターンシップをして
その頃からいつかは自分が作ったトレイルの上を歩きたいと思っていました。

メイン州に入ってからトレイル建設をした場所を歩いたり
あの頃キャンプした場所と同じ所にテントを張ると
薄れはじめていた記憶が次々と蘇ってきました。

左:2005年 右:2009年のほぼ同じ場所




コケが生えていたり、周りの土とすっかり馴染んでいて
さすがに時の経過をを感じるけれど
自分が作ったトレイルは4年経った今でも、still holding up very well! …というか、A W E S O M E !!!

3500kmのほんの一部だけど、
これからも沢山のハイカー達がこの階段の上を歩くと思うと、浪漫っ!


ちなみに、トレイルに石階段を作る目的は
歩きやすくするというのと、侵食から山を守るというのが理由です。

↓の写真はウォーターバーです。
これも雨水が流れる事でトレイルがどんどん深くならないように
一定の間隔で水を逃がす為にあります。

a work of art♪
posted by MIJ at 05:48| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

SCA



ちょっと話がずれますが、
アメリカでは、大学生や高校生が公営の公園や森林などで
夏のインターンシップなどに参加したい場合、
Student Conservation Association (学生自然保全協会)の奨学生として働きます。

学生はひと夏、各地の公園や研究施設や山や海や湖や川や何んやらで環境に関わる仕事をする事で
奨学金と週$60の食費を貰えます。
ただし、僕は外国人だったので奨学金は貰えませんでしたけど ヾ(。`3´。)ノ
SCAの活動資金の大部分が税金からきているからだと思いますが。
(企業や個人からの寄付もあります。)


実は、Appalachian Trailでのインターンシップは第5希望で、
本当はもっと華やかなイエローストーン国立公園やデナリ国立公園を希望したけれど、落ちまして…。
それで拾ってくれたのが、ATのメイン州を管轄するMaine Appalachian Trail ClubというNPO団体でした。

そのおかげで、楽しい仲間達に出会い
2005年は、BEST SUMMER EVER !!
あの夏に、追い付け!追い越せ!の勢いで歩いた今年も
第二回ベストサマー賞獲得 !!!






posted by MIJ at 05:47| Comment(0) | Appalachian Trail 後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする